コミュニケーション文化学科

竹部 成崇

竹部 成崇 (たけべ まさたか)

プロフィール

経済格差や社会の分断といった社会問題に関心があり、その背後にある心の働きについて研究しています。また、人の向社会性(やさしさ)にも関心があり、何が向社会的行動に影響を及ぼすのか、向社会的行動が生じると本人?相手?第三者の心や行動はどういった影響を受けるのか、といったことについても、少しだけ研究を行っています。より詳細な情報についてはこちらをご覧ください。

趣味は剣道で、動物が好きで、中国語を勉強中です。

 

主な著書?論文

担当科目

  • 卒業研究ゼミ
  • コミュニケーション文化特殊研究
  • 社会心理学
  • 言語心理学
  • 2年次ゼミ
  • 社会?政策コミュニケーション
  • 社会調査演習
  • 1年次ゼミ
  • コミュニケーション文化概論
  • 哲学と思想
 

竹部の卒研ゼミに所属するには以下の2つが必須です。①2年時に「社会?政策コミュニケーション(竹部)」を履修する(ⅠあるいはⅡの片方でも可だが両方が望ましい)、②2年あるいは3年時に「社会調査演習(竹部)」を履修する。「①を満たしていないけれど、どうしても」という場合は要相談です。必ず、卒研ゼミ希望調査票を提出する前に個別相談に来てください。そうでない方も、卒研ゼミ希望調査票提出の前にある説明会には必ず参加してください。

 

講義内容は、次のリンクよりシラバスページにアクセスし、教員名で検索すれば確認できます。

 

ゼミの紹介

教員から

人の心と行動、あるいはその集合としての集団行動や社会現象に関心がある学生を対象としています。

 

3年前期には、まず講義を通して、心理学の研究方法の基礎を学びます。次に、本の輪読を通して、心理学研究の進め方のイメージを得ると同時に、パワーポイントを用いた「わかりやすい」発表の仕方を身に付けます。最後に、学術論文を読み、論文の書き方や研究を進めるときのポイントを学びます。

 

3年後期4年時には、それぞれ、グループに分かれて自分たちの関心に基づいた研究を行います。研究は実験や調査という手法を用いて進めます。具体的には、参加者に紙あるいはPC?スマホ上で質問に回答してもらったり課題に取り組んでもらったりして数量的なデータを取得し、得られたデータに対して統計的な分析を行うことで仮説を検証し、考察を行います。こちらを見ると、より具体的に社会心理学研究のイメージがつかめるかもしれません。

 

 

竹部ゼミでは、心理学数量的データの分析に興味があり、「研究を通して成長したい!」という人を募集しています。竹部は、ゼミは勉強ではなく研究をする場だと考えています。勉強とは、自分が知らないことを調べてまとめて、自分が満足することです。研究とは、まだ誰も知らないことを明らかにして、世の中に新しい価値を提供することです。そのためには、先行研究の限界点問題点を踏まえ、それを乗り越えることをしなければいけません。これはなかなか大変な作業かもしれませんが、だからこそ、そのプロセスを習得することで、社会に出て活躍できる(あるいは活躍するために必要な要素がわかる)人間になれると思っています。

 

ただし、問題設定から考察まで、すべて1人で、自分だけの力でやらなければならないわけではありません。グループのメンバーや竹部と相談しながら、できるだけ楽しんで研究のプロセスを経験してほしいなと思っています。

 

なお、ゼミ合宿などのゼミ運営は基本的には学生主体で進めてもらいたいと思っています。それを通して学ぶところも非常に大きいと考えているためです。もちろん、学生がやりたいと言ったことにはできる限り協力します:)

学生から

私たちのゼミでは、社会現象や人々の行動の背後にある心の働きについて研究します。論理的に仮説を立てたり、仮説を検証するための調査や実験を設計したり、統計を使ってデータを分析したりするのは、正直かなり大変ですし、やることも結構多いです。ただ、大変なだけに、データを分析するときはワクワクします。また、作業をする中でグループのメンバーとの仲が自然と深まります。仮説と全然違う結果になるとちょっと残念ですし、どうしてそうなったのかを考えたり、それを踏まえてきちんとした研究報告資料を作ったりするのは大変ですが、そこで身に付く分析的な考え方や論理的な表現方法は、ゼミ以外のところでも役立っています。

 

「研究」をするのは慣れないので難しいし大変ですが、方向性が見えなくなって困ったときには、先生がアドバイスをくれます(ただ、抱え込んで手遅れな状態で相談すると、調査や実験ができなくなるので、計画的に作業して、行き詰りそうになったら早めに確認?相談することが大事です)。考えることがたくさんで頭が疲れますが、ゼミの時間には糖分がたくさん提供されるので、その点は安心です!笑

過去の卒論研究あるいは3年後期実習研究のタイトル

  • なぜ女性の社会進出が進まないのか?-部下の性別と上司の平等主義的性役割観が上司の部下に対する評価に及ぼす影響-
  • 組織の大きさによってリーダーの行動が変わるのはなぜか?-集団の大きさがリーダーのPM行動に及ぼす影響とそのプロセス-
  • なぜ人は怖いものを見ようとするのか?-危機対処欲求および現実と虚構の区別が怖いもの見たさに及ぼす影響-
  • なぜLGBTへの差別は無くならないのか?-LGBTへの態度と活動者に対する人々の印象の予測がLGBTのための活動意図に及ぼす影響-
  • どのような人が他者を助けるのか-評判懸念と対象の種類が援助行動に及ぼす影響-
  • アタッチメント?スタイルと悲しみを伴った感動の関連
  • 人はいつ感動するのか-上昇志向と有限の顕現化が喜びを伴った感動に及ぼす影響-
  • 女性は男性の中身と外見どちらを重視するのか-感染症脅威の知覚が女性の好みに及ぼす影響-
  • 希少な善行の目撃とモラル?アイデンティティがモラル?エレベーションおよび向社会的行動に及ぼす影響
  • 集団同一視と自己肯定化が内集団のネガティブな歴史に対する集合的罪悪感に与える影響について
  • 景気の知覚が男性の顔に関する女性の好みに及ぼす影響
  • 甘さ体験が全般的恋愛意欲?架空のパートナーとの関係性評価および向社会的行動意図に及ぼす影響
  • 外向性と社会的貢献感?ポジティブ感情?人生満足度の関連-楽観性とネットワークサイズに着目して-
  • 援助行動における自発性の知覚が受け手のwell-beingに与える影響
  • 広告の商品属性とタレントの好意度が商品魅力度および購買意欲に及ぼす影響-購買決定時の考慮度に着目して-
  • 他者のための支出が幸福感情に与える影響の検討-他者のポジティブ感情への共感性に着目して-
  • 犠牲者の集団成員性が観察者の公正世界信念への脅威と犠牲者非難に及ぼす影響-集団への態度を統制して-
  • 商品機能の訴求表現の違いは誰が何を買うとき重要となるのか-購買場面におけるフレーミングバイアスの性差の検討-

※ 下の10個は前任校で担当